「人権デー」と「人権週間」について

国際連合は、1948(昭和23)年12月10日の第3回総会において「世界人権宣言」 を採択し、2年後に、この12月10日を「人権デー」と定め、人権活動を推進するための行事を各地で行うよう提唱しました。
我が国では、法務省と全国人権擁護委員連合会が、世界人権宣言が採択されたことを記念して、1949(昭和24)年から、毎年12月10日を最終日とする1週間(12月4日から10日まで)を「人権週間」と定め、地方公共団体等と連携し、全国各地で人権に関するさまざまなイベント・行事を集中的に開催しています。

人権イメージキャラクター

人権イメージキャラクター人KENまもる君と人KENあゆみちゃんは、漫画家やなせたかしさんのデザインにより誕生しました。まもる君、あゆみちゃんとも、前髪が「人」の文字、胸に「KEN」のロゴで、「人権」を表しています。人権が尊重される社会の実現に向けて、全国各地で活躍しています。

※人権イメージキャラクター「人KENまもる君・人KENあゆみちゃん」の使用は、法務省の人権擁護機関又は人権啓発活動に限定されており、他の機関、団体等が使用することはできません。

最近注目を集めている人権のトピックス

スポーツ組織と連携協力した人権啓発活動について

法務省では、フェアプレーの精神等をモットーとし、青少年層や地域社会において世代を超えた大きな影響力を有するJリーグ加盟チームをはじめとするスポーツ組織と連携協力した啓発活動を展開しています。

Jリーグ・大宮アルディージャのクラブアンバサダー
塚本泰史さんが上川陽子法務大臣を訪問したときの様子

ヘイトスピーチ、許さない。

ポスター 「ヘイトスピーチ許さない。」

近年、特定の民族や国籍の人々を排斥する差別的言動がいわゆるヘイトスピーチであるとして社会的関心を集めています。こうした言動は、人々に不安感や嫌悪感を与えるだけでなく、人としての尊厳を傷つけたり、差別意識を生じさせることになりかねないため、決して許すことのできない行為です。
また、このような情勢の中、国会において、「本邦外出身者に対する不当な差別的言動の解消に向けた取組の推進に関する法律」が成立し、2016(平成28)年6月から施行されています。

関連動画

ヘイトスピーチ許さない。
外国人のための人権相談所 Human Rights Counseling Offices for Foreigners みんなの人権110番(0570-003-110) インターネット人権相談受付窓口

Please contact the Offices according to your language in person or by telephone in business hours for counseling to Human Rights Counseling Offices for Foreigners.

みんなで「いじめ」を許さない

いじめは、児童生徒の心身に深刻な影響を与える人権侵害であり、許されない行為です。法務省の人権擁護機関では、「子どもの人権を守ろう」を啓発活動の年間強調事項の一つとして掲げ、様々な活動を実施しています。
また、法務局・地方法務局では、相談窓口として「子どもの人権110番」や「インターネット人権相談」を開設し、いじめの相談はもちろん、体罰や虐待などの子どもの人権侵害に関する相談を受け付けています。

関連動画

子どもの人権110番 子どもの人権SOSミニレター
子どもの人権110番(0120-007-110) 子どもの人権SOSミニレター インターネット人権相談受付窓口